メリットとは

会社設立を代行してもらうメリットとは

会社設立は会社経営に乗り出すことを考えている人にとっては避けては通れない道となっています。
そのために長い時間をかけて準備しているという人もいるのですが、その中で出会うことになるのが会社設立を代行してくれる業者です。
ですがもともと会社設立という手続きを行うこと自体に何らかの資格が必要であるわけでもありませんから、わざわざお金を払って代行をしてもらう意味があるのだろうかと首をかしげる人もいます。

ではこの会社設立を代行してもらうということのメリットはどこにあるのかというと、まず大きいのが「自分で手続きをするよりも安くなる」というところです。まず必ずチェックしておくべきこととして、会社設立の際には避けられない出費があります。

登録免許を得るために15万円の税金を支払わなくてはなりませんし、公証役場で定款認証をしてもらう際には手数料として5万円がかかります。
そして定款には4万円の印紙を貼らなくてはなりませんから、最終的に24万円がかかることになるのです。
しかし会社設立の代行を請け負っている業者は電子定款による定款認証に対応していることがほとんどです。

電子定款認証の場合は定款に貼る4万円分の印紙が不要になりますから、業者は24万円以下で対応をできるとしていることが非常に多いのです。
一見すると自分で電子定款認証をすれば良いのではとも思うでしょうが、電子定款認証のために必要な道具を集めて行くと7万円くらいになってしまいますから自分で電子定款認証を行うと逆に損になってしまうのです。

またさらに大きいのが、会社設立代行を請け負う業者は当然設立手続きのプロであるということでしょう。
会社設立の際には色々と用意しなくてはならないものや作らなくてはならない書類があります。
そうしたものを全て間違いなく揃えられるようにサポートしてくれるということは非常に大きなメリットとなるでしょう。

ただ少々注意したいのがこうした会社設立の代行サービスのうち価格が非常に安いものの場合には税務顧問としての契約が求められたり、インターネット回線の契約が求められたりといったことがあることです。

そうしたことを確認しないまま契約すると後になってから後悔することもあり得ますから、会社設立代行を依頼するのであれば自分が確認した価格が本当に正しいものなのかどうか、またその会社は信用できるかどうか、そして何らかのサービスの契約を求められたりしないかといったことを必ずチェックするようにしましょう。

最新のお知らせ

Copyright © 2018 会社設立までに行わなければならない大きな3つの流れ