目的について

会社設立を行う目的について

誰もが一度は大きな会社の社長に憧れたことがあるというものですが、近年では法改正によって会社設立のためのハードルは非常に低いものとなりました。ある程度の資金があれば誰でも企業を興すことが出来るようになりましたし、運と実力があれば短期間で成果を上げることも可能になってきました。

現在でも数多くの企業が誕生を繰り返しており、その多くは統廃合により消えていく運命であるとは言うものの、非常に盛んに行われている事業活動は魅力的に感じられるものです。事業を興す場合、最初から会社設立と言う手段を選択する人も少なくありませんが、敢えて会社設立をせずに個人事業として仕事を始める人も少なからず存在しています。

まずは自分の力だけでやってみたいと思う事業に挑戦し、ある程度軌道に乗ってから会社設立を行うという方法です。この様に企業を作らずに仕事をしている人のことを個人事業主と言いますが、事業規模を大きくして行くのであればどこかで思い切って会社設立をしようと言うのが基本的な流れであると言えるでしょう。

この様に何らかの事業を行う場合に会社設立と言う選択肢を取る人が多いのは、その様にすることが様々な点において有利であるからであると言えます。例えば課税される額についても個人事業主として税金を支払うのと、会社設立を行って起業として納税するのとでは収入が同じであっても違うのです。そのためある程度大きな会社となった場合には節税目的でも会社を作った方がお得であるという現実があると言えるのです。会社を作った方がお得であるからという目的を動機にして会社を作ろうとする人が後を絶たないのです。

節税以外にもリスクの低減や信用の増大等様々なメリットが存在しています。リスクの低減と言うのは法的な責任の在り方に関連していると言えます。個人事業主の場合は個人に無限責任が課される非常にリスクの高い状態ですが、会社設立をすれば法人の有限責任で対応することが出来るようになります。そのためリスクマネジメントを目的に会社を作るケースもあるのです。

そして信用の増大はそのままの意味であると言えます。取引を行う相手として、相手が個人であるのと法人であるのとでは安心感が全然違います。会社設立を行うことで法人格を取得していることが取引条件になっている企業も少なくない様に、一定の信頼関係を築くための重要な手段であると言えるでしょう。この様な目的でも目指されています。

最新のお知らせ

Copyright © 2018 会社設立までに行わなければならない大きな3つの流れ