最短で行う

会社設立を最短で行う場合について

会社設立は何らかの事業を行う場合には避けて通れない道であると言えます。そのため会社設立をしようと考えたのであればしっかりとスケジュールを決めて取り組まなければなりません。その様な場合に気になるのがどれくらいの時間がかかるのかと言う問題です。一般に会社を作ろうと考えている地域を所轄する法務局に必要となる書類一式を持って申請を行い、設立登記を行った日が会社の設立日となりますので、何らかの記念日を設立日としたい場合にはしっかりと逆算してスケジュールを立てておく必要があるのです。

しかし会社設立にどれくらいの時間が必要となるかと言うのはどのような法人を作るのかにもよりますし、誰がどのようにやるかでも異なりますので明確にどうこう言える種類のものではないと言えるでしょう。

しかしそれでも何らかの形で最短のスケジュールを示すとすれば、会社設立を専門に行っている専門家、例えば行政書士等のチームの手にかかれば最短で1日での設立登記も可能です。しかしこの様な最短スケジュールでの手続きを行うためにはいくつかの条件があるのです。例えば書類関係の問題は専門の業者が代行作成することが可能ですが、書類以外の準備に関しては代行は不可能です。

例えば会社で使用する印鑑関係の準備や銀行に払い込む資本金の準備、そして会社の概要など実際に取り組んでいきたい会社の展望などは会社設立をしようとしている本人にしか決めることはできません。そのため会社設立をこの様に行いたいという明確なビジョンがあり、それをスムーズに言葉にして伝えることが出来ればすぐにでも作り上げることが出来るでしょう。

また行政書士等の専門家に任せることのメリットとしては、他の数多くの事例を参考にして先を見据えた対応をすることが出来る点にあります。定款などの重要書類はいつでも自由に書き加えられるものではありませんので、最初の段階である程度先を想像してカバーしておく必要があるのです。この様な対応をしかりと行っておくことで将来における負担を軽減数こともできるのです。

この様な柔軟な対応は経験豊富な専門家だからこそできることであり、専門家に任せる意義はこの辺りにあると言えるでしょう。この様な形で他の場所で活用したノウハウを応用して行くことが望まれていると言えます。この様なサービスを上手に活用できれば最短で1日で必要書類の準備を終えることも不可能ではないのです。

最新のお知らせ

Copyright © 2018 会社設立までに行わなければならない大きな3つの流れ